1  静岡県スポーツ協会 

明るい県民生活の確立と伸び行く郷土の建設は、県民の健康と生活環境の整備が重要である。
本会は、組織の充実と透明化、そして体質の強化を図り、県民の活力と健康づくりの実現に向け、県と協力し諸活動を遂行する。
競技スポーツの分野においては、国体をはじめとした各種競技大会で活躍する選手を輩出していくために各競技団体と連携を深め、選手の確保や強化策、指導者の養成を中心に躍進を図る。
生涯スポーツの分野においては、市町村・スポーツ協会を主体として、県民一人ひとりの生活の中にスポーツの浸透を図る。また、「スポーツ人材バンク」を活用し、地域スポーツの振興を図るとともにスポーツ指導者組織の充実、発展させる。
さらに、それらの活動拠点となるスポーツ施設の指定管理者として、安全で充実した管理運営を実践するととともに、積極的な利活用の促進を図る。

【重点目標】

(1) 国民体育大会における天皇杯1桁順位
(2)2020東京オリンピック・パラリンピック本県関係選手 目標50人以上出場
(3)スポーツ指導者組織の充実と指導者の養成
(4)草薙総合運動場の指定管理再獲得

【重点事業】

(1) 企業と行政が一体となったスポーツ振興策の検討、実施
(2) ジュニアスポーツクラブの構築と活性化によるジュニア選手の発掘と育成
(3) 静岡スポーツフェスティバルの充実
(4) 「スポーツ人材バンク」の活用促進
(5) スポーツ指導者の育成とスキルアップ促進
(6) 静岡県武道館および静岡県水泳場の指定管理施設の有効活用促進
  草薙総合運動場の指定管理再獲得に向けた取組

2 静岡県武道館

県内スポーツ団体の統括組織である(公財)静岡県スポーツ協会は指定管理者として、スポーツ関係者団体の利用する立場に立った効率的活用を図り、利用者の増加に努めることによって競技スポーツ及び生涯スポーツ振興の拠点となし、競技力向上と県民の健康増進、体力向上に寄与する。

【重点目標】

(1)利用者の安心・安全を最優先とした施設環境づくり 「充分なコロナウィルス対策を施し、安心安全な武道館運営の実施」
(2) 武道やスポーツの普及振興、地域住民の拠点施設であることを自覚した施設運営
「日本武道館、武道館協議会との共催事業の成功及びスポーツ・文化教室の安定運営」
(3)利活用促進に努め、利用者の増加を図り、県民スポーツ施策に全面協力
「広報活動を充実し、利用者のニーズ応え、各施設の稼働率を高め、年間利用者前年度比増加を目指す」
(4)省エネや効率化を促進する地球環境に配慮した施設運営